【横浜ケントス】毎日開催される生ライブは異空間!ディープな遊び場所としておすすめできる情報を掲載!

ケントス横浜
スポンサーリンク

非日常空間の「横浜ケントス」は、バンドの生演奏を観賞しながら、ダンシングできる異空間のこだわりライブハウスです。

酒とダンシングで日頃のストレスを発散、気分転換でき、大人の秘密基地として評判のお店です。

アラフォー世代の方なら知っているミュージックが流れ、気分は最高潮!ステージ前の最前列で踊れるため、音楽とダンシングが一体化しており初めて行く方は、驚きは隠せないでしょう。

ディープな遊び場としての「ケントス横浜」を口コミ、オススメ情報含めてご紹介したいと思います。

横浜ケントス

【すごいところ・オススメ】
・毎日生ライブが楽しめます。
・ソファー席はデート?、女子会、合コンも大丈夫です。
・結婚式、二次会、誕生会、記念日も利用できます。
・コンセプトは、1970年~1980年の音楽で、ライブ中はダンシング、後はゆっくり食事などくつろげます。(昭和を感じさせる音楽)

・バーカウンター席もあるので、一人でも気軽に利用できます。
・ストレス発散にもなるようです。

【店内造り】
横浜ケントスはステージ、バーカウンター、クラブ席がまとまった感じです。
横浜ケントス フロアレイアウト
フロアレイアウト図です

【客席配置イメージ】
ステージを囲むように100人以上が座れるカウンター、そしてボックス席(ソファ)のあるライブハウスです。

席の指定は、要望に添えない場合もあるので、早めに行くとカウンター席選べることができるようです。
ボックス席は、おそらく予約の方が利用されている感じです。

横浜ケントス

【ダンス】
ステージの前にダンシングスペースもあり常連の方は音楽が流れるとステージ前へ集まりダンシング!してます。
あとは自分のカウンター席後ろで曲に合わせて踊り、楽しんでいます。

【服装】
横浜ケントスはスーツ、普段着など関係なく行けます。

ただし、20歳未満の方、作業着、ジャージ、サンダル、下駄履き、あまりにも奇抜な格好のお客様は入場をお断りする場合があります。

【値段】
お酒も安いので便利ですと口コミもあります。

【料金システム】
・男性ミュージックチャージ:2,500円
・女性ミュージックチャージ:2,000円
(ゲスト・イベント日別途チャージ有)
サービス料10%

【予約】
ケントス横浜は、予約の時間を15分を過ぎて連絡が取れない場合は、キャンセル扱いとさせていただく場合があるので、遅れるば場合は必ず連絡が必要です。

利用条件:予約の方は、オープン18:00~19:30までの来店です。

予約に関しては、様々なお得なプランがありますので、公式ページで確認してください。

ケントス横浜 予約詳細はこちら

【レディースプラン】
予約制ですが女性のみ2名様以上で利用ができるお得なコースです。
詳細は、「予約詳細」を確認ください。

【パーティー】
予約制でパーティの貸切りもしているようです。
こちらも詳細は、「予約詳細」を確認ください。

【雰囲気】
常連客も多く幅広い年齢層です、女性一人でも気兼ねなく入店し、ステージ前、客席で踊れる感じです。

ライブを観ながらソファやカウンターで飲食できます。
音楽が始まると、飲食はそっちのけで生演奏を楽しむスタイルです。

曲を知らなかくても踊れる異空間、雰囲気を酔いしれて十分楽しめます。

見てお酒飲んでるだけで十分ですの口コミもあります。

なつかしのオールディーズを聴きながらお酒とつまみで味わう雰囲気です。
店内も大人の方が多く、賑わってはいましたが心地よい雰囲気と口コミあります。

クラブと違って健全な雰囲気です、純粋に踊って楽しむって感じです。
どちらかといえば、女性が多いほうです。

【食事】
横浜ケントスはスナックが中心です(ピザ・パスタ)。
飲みもの:500円~
食事:500円~

【つまみ】
ドリンク、フード共に金額はそれほど高くない印象ですと口コミあります。

ミックナッツ:600円
ビーフジャーキー:800円
ガドーショコラ:1,000円
ポップコーン:500円
パスタ:1,000円

その他食事メニュー ドリンク 価格はこちら

【客層】
40代~50代以上のお客さんが盛り上がってましたと口コミあります。
アラフォー世代に超お勧めの口コミもあります。
20代にはちょっと敷居が高いかなレベル、30代後半以降の客層が多そうです。

【混雑状況】
とにかく混んでいるので、大人数だと予約が必要です。

【音楽】
ケントス横浜は、70年代の洋楽を中心に曲を演奏し、非常に上手であり原曲を忠実に再現していると口コミもあります。
オリビアニュートンジョン、カルチャークラブ、スティービーワンダーなど。
ロック、ファンク、R&Bも問題なく、踊り汗をかくことができます。

オールディーズが好きな人は絶対にハマルお店ですと口コミあり。
主婦の方もたまには羽根をのばしたい人はオススメです。

昔「ディスコ」で踊り狂ったアラフォー時代、1980年代の名曲で踊れますと口コミあります。

ステージ(演奏)がはじまれば店内は暗くなり、大音量となるので、通常の会話ができなくなります。

横浜ケントス

【音楽・休憩】
1時間毎(1ステージ)に30~40分近く音楽タイム(生演奏+ボーカル)があります。
平日
1stステージ:19:10~
2nd:20:20~
3rd:21:30~
4th:22:45~
5th:24:00~
6th:1:00~

日・祝日
1st:19:20~
2nd:20:40~
3rd:22:00~

ステージ時間が変更されることがあります。

【けんとすよこはまスケジュール】
毎日開催されるKENTO’S横浜スケジュールはこちらです。
ケントス横浜 スケジュール日程はこちら

【ストレス発散】
踊って、ストレス発散になることは間違い無さそうです。

【行くタイミング】
二次会には最適で、宴会後に皆で連れ立っていくもよいです。(人数によっては予約)
好きな子と行くのは、更によい場所です。

【注意すること】
ステージの最前通路がメインダンス場所ですが、立ち位置を奪う人もいるそうです。
踊りながらぶつかり方もいるそうですので気をつけてください。

周りに迷惑をかけないようにこころがけたいです。

【喫煙】
喫煙可能です、たばこの購入や電子タバコの補充も可能です。
ただし、オープンスペースなので、フロア全体が、臭くてたまりません口コミもあります。
煙草臭が苦手な方は辛いかもしれません。

【音響設備】
音響設備も整っており、ミラーボール、スポットライトなどライブハウス内はサウンドで満たされ、不満を感じることはないはずです。

【必要な予算】
3,000円~15,000円あたりでしょうか?
支払いもカード可能(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

【個室】
ありません

【イメージ動画】


約20秒の動画です

約13秒の動画です

アクセス

【徒歩】
JR横浜駅西口より 徒歩2分

【営業時間】
18:00~2:30
※日曜日・祝日は23:30まで

【定休日】
無休

【住所】
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-15-3クレインヨコハマ 7F

【駐車場】
なし

【電話】
045-324-5933
受付時間:18:00~2:00

【公式サイト】
KENTO’S横浜 公式サイトはこちら


JR横浜駅西口からの徒歩ルートマップはこちらです

お酒を楽しみ、そして音楽に酔いしれ、そしてダンスを踊ることができるケントス横浜、こんな大人の遊び方できるのは、ここしかないように思います。

年齢層はやや高めですが、生演奏がはじまれば年齢を感じさせないダンシング!すごいですよ。
ライブハウスですから、しみじみ飲む方、相談ごとや悩みを聞く場所ではないため、不向きでしょう。
演奏中は会話が困難ですから、彼女に近づき話せるチャンスかもしれません。

食事よりDanceの方、70年代~80年代のミュージックがお好きな方、おすすめの場所です。

2018年5月3日に行きましたが、熱気!音楽とダンシング、すごく楽しめました。

オススメは、1stステージから来ることです、そして2ndステージ~終電に間に合うようにしてください、時間を忘れてしまうので!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 齋藤仁美

    2018-1-6

    齋藤仁美さんのプロフィールと経歴 2018年ピョンチャンオリンピック「スピードスケートショートトラック」注目する日本代表選手です

    2017年12月17日に出場確定しました。 齋藤仁美(さいとうひとみ)さん、平昌(ピョンチャン)五…
  2. 2018年 横浜開港祭花火大会

    2018-4-29

    第37回横浜開港祭花火大会2018年・駅から会場までの行き方と混雑回避の帰り方!駐車場やエリア情報!

    夏前の6月に夏の風物詩「花火」を涼しく味わうことのできるのは、この神奈川県では横浜港祭だけではないで…
  3. パンのフェス2018春in横浜赤レンガ

    2018-2-22

    パン好きよ集まれ!日本最大級「パンのフェス2018春in横浜赤レンガ」が2018年3月2日(金)から4日(日)まで開催!入場方法・見どころ・オススメパン屋さんは!

    パン好きのパン好きによるパン好きのための祭典、「パンのフェス2018春」が開催されます。 2016…
スポンサーリンク
ページ上部へ戻る