2018年USJ遊びに行くなら混雑回避!ユニバーサルスタジオ年間パスポート除外日を狙うのがオススメというけど本当なのか

スポンサーリンク

USJに遊びに行くなら、誰だって混雑よりも空いているほうがよいと思うはずです。
調べてみると、「年間パスポートの除外日に行くこと」がよいと言われてます。

本当なのでしょうか?、その理由をいろいろと角度を変えて調べてみました。
主に2017年のデーターを参考にしております。

   はじめに入場者数の増減は年度別で比較してみると

2012年度:0975万人。
2013年度:1050万人。(075万人増)
2014年度:1270万人。(220万人増)
2015年度:1390万人。(120万人増)
2016年度:1460万人。(070万人増)
減少傾向はなく、入場者数は増加傾向へ年々増していることがわかります。

   次に混雑時期、月別の傾向

01月:年始休みの間、1月後半より修学旅行、卒業旅行。
02月:修学旅行、卒業旅行。
03月:イベントが多い月、(春休みのため大学生と高校生、卒業旅行が重なる)
03月:後半は平日も含め来園者約4.0万人/日を越える。(2017年3月)
04月:土日を除けば、2.0万人以下の来園者数の傾向です、ゴールデンウィークを迎える。
05月:土日、ゴールデンウィークを除けば、2.0万人/日以下火水木比較的少ない。
06月:土日を除けば、2.0万人/日以下の来園者数の傾向です。火水木は1.5万人以下。
07月:夏休みとなるシーズンですが、平日休日ともに平均2.0万人/日、気温30℃を越える暑さで並ぶことを避けているためなのでしょうか?。
08月:お盆の前後は4.0万人に近い来園者数です。平日休日ともには2.5万人/日。
09月:土日を除けば、平日2.0万人/日
10月:ハロウィンのイベント、文化祭、運動会の振替日が平日になるのですが、火水木なら1.6万人/日。
11月:修学旅行シーズン、土日と月金を除けば1.5万人/日。
12月:冬休み、土日、月金を除けば、1.3万人/日。

結果、2017年の入園データーでわかったことは、年間パスポート除外日に行かなくても平日の「火水木」を利用して遊びに行けば、混雑を回避できるという印象です。
毎月の土・日曜日、祝日、3連休の初日と2日目は混雑する。

   2017年:年間パス除外日は、下記日程でした。

03月:19日(日)、25日(土)~31日(金)(春休み)
05月:04日(木)~6日(土)(ゴールデンウィーク)
08月:12日(土)~14日(月)(お盆)
09月:17日(日)3連休の中日
10月:08日(日)3連休の中日
11月:04日(土)3連休の中日
春休み、ゴールデンウィーク、お盆、3連休の中日が年間パスポートが使えないことが把握できました。
2018年の年間パスポート除外日も調べてみる。

   2018年:年間パス除外日

03月:25日(日)~31日(土)(春休み)
04月:29日(日)3連休の中日
05月:4日(金)、5日(土)(ゴールデンウィーク)
08月:12日(日)~16日(木)
09月:16日(日)、23日(日)3連休の中日
10月:7日(日)3連休の中日
11月:24日(土)3連休の中日
12月:29日(土)、30日(日)(冬休み)

2018年も同じようなことが判明。

   では年間パスポートの裏側に書かれている中身

除外日が設定されているのは、混雑すると予測される時期にあわせ年間パスを持っていない通常の方にも多くきて楽しんでもらいたいという主旨だと思うのです。
混雑すると予想される時期=年間パス使用できない(除外日)。
アレー?おかしくないですか?
年間パス除外日がUSJオススメの日?
混雑が予想される日に行くことになってしまうわけなんです。
ですから、年間パス除外日にあわせて行くことは、混雑する日に行くことなので、選ばないことと判明しました。

   ではいつ行くのが狙い目なのか?

平日の火曜日、水曜日、木曜日が狙い目だと思います。
これだけのアトラクション全てを観るには1日では無理だと思いますが、混雑を避けるにはこの曜日、1月から12月をみても、入園者数が少ないことがわかります。
ただ、人気アトラクションは、120分、150分待ちとなる覚悟は必要です。人気アトラクションは入園者数に関係なく、待ち時間となる模様です。
アトラクションを観る場合は当日チケットも販売もしておりますが、事前販売が優先されており、事前予約でその日が売り切れの場合、当日販売はされません。
すなわち、入園しても希望するアトラクションチケットを購入できないのです。

   希望するアトラクション観る方法!

解決策『ユニバーサル・エクスプレス®パス』チケットをWEBで購入しておくことが必須となります。
WEB上のカレンダーで希望する日付を確認し、在庫があるのか?ないのか確認して購入する方法となります。
3ヶ月間のカレンダー情報なので、現在1月16日なので4月16日までのカレンダーが表示されています。
3月16日~4月16日までを見ると全て「在庫なし」売り切れとなり、現地での当日販売もないことになります。

ユニバーサル・エクスプレス・パスのカレンダー情報はこちらです

そう!、アトラクションを観るには、「ユニバーサル・エクスプレス®パス」をWEBで購入しておかなければならないのです。
アトラクションを観るなら、エクスプレス・パス事前購入し入園情報も混雑予想カレンダーで把握しておくことが便利だと思います。

USJ混雑予想カレンダーで最新情報を確認しておくこともオススメです。
USJ公式 混雑予想カレンダーはこちらです

   入園料は値上がり

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、2018年1月31日からチケット代を値上げ
大人:ワンデーパス料金(税込み金額)7,600円→7,900円(300円UP)
ちなみに開業当初は、6,100円でした。
値上げの理由として、消費税の導入や増税、「アトラクションの整備などで入園者の体験価値を向上させてきたため」などをあげています。
2010年:6,100円
2011年:6,200円
2012年:6,400円
2013年:6,600円
2014年:6,980円
2015年:7,200円
2016年:7,400円
2017年:7,600円
2018年:7,900円
値上げしても、入園数は増加傾向と予想されます。

   ユニバーサルスタジオ年間パスポート除外日を狙うのがオススメというけど本当なのか?

混雑すると予想される時期=年間パス使用できない(除外日)となるため、オススメではない。
狙うなら、火・水・木曜日。
観たいアトラクションがあるなら、ユニバーサル・エクスプレス・パスをWEB購入する。
当日販売は人気アトラクションはないと理解しておく。

以上のような結果となりました。
下記イベントがあるので、1月19日~6月24日までは混雑が予想されますが、並んでも納得できるアトラクションばかりなので、仕方ないと受け止め、USJお楽しみください。

「USJ」ユニバーサルスタジオジャパンで「ユニバーサル・クールジャパン2018」第1弾は2018年1月19日より第2弾は3月16日より6月24日まで開催されます「見どころ」あり



アクセス
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33
電話:0570-20-0606
最寄り駅:ユニバーサルシティ駅[出口]から徒歩約1分

ユニバーサルジャパン公式ホームページはこちらです

その他 観光関連

→「朱雀門(すざくもん)ひろば」は2018年3月24日にオープン予定!奈良市世界遺産「平常宮跡」のアクセス向上!乗船できる実物大「復原遣唐使船」は魅力的です

→静岡県にある「富士宮やきそば」を食べた後は2017年12月23日オープンしたばかり「静岡県富士山世界遺産センター」へ行くのがオススメです

→日本初の体験型スポーツテーマパーク「レジェンドスポーツヒーローズ」は2017年12月22日オープン最新テクノロジーを使い千葉市に登場します

→箱根で雪合戦とそり遊び プレジャーランド箱根園がオープン 冬季限定日帰り旅行は最適ですレジャーチケットでお得になります

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

人気ランキング

ピックアップ記事

  1. 2017-12-2

    小児救急電話相談「#8000」は全国展開してるのに 15才以上で大人や高齢者の救急電話相談「#7119」はまだ一部だけ 救急車を呼ぶ前の医療相談窓口なので普及されるのを期待

    救急車を呼ぶべきか?誰でも判断に迷うことがあると思います。 15才以上向けの救急相談センターは、専…
  2. 2018-4-3

    2018年神奈川県内「GW:ゴールデンウィーク」日帰りイベント情報!市町村別で検索できるので便利!横浜市・相模原市・小田原市・箱根町など

    2018年のゴールデンウィーク(GW)期間中に神奈川県内で開かれるイベントを調べてみました。 日帰…
  3. 2018-2-28

    【結果】第67回 公認鹿島祐徳ロードレース2018はやはり青山学院大学の下田祐太選手が制しましたが?

    佐賀県鹿島市にて、2018年2月25日(日)に、第67回 公認鹿島祐徳ロードレースが開催され、公認ハ…
スポンサーリンク
ページ上部へ戻る