ふじさわ江の島花火大会2018年!秋の夜空に光輝く二尺玉は首都圏最大規模の大きさ!日程や口コミ・行く前に知っておく便利情報!

ふじさわ江の島花火大会
スポンサーリンク

神奈川県藤沢市で開催される「ふじさわ江の島花火大会」は、秋に開催される事で人出は多いと評判の花火大会です。

秋の夜空に光輝く二尺玉は、首都圏最大規模と大きさを誇り、寒さを忘れ楽しむ方が多いイベントです。

昨年2017年は、台風21号の影響で中止になった「ふじさわ江の島花火大会」2018年の今年こそは、あの「二尺玉」が秋の夜空を輝かせるはずなので、期待を膨らませて当日を待ちたい気分となるはずです。

10月の花火大会なので、防寒対策はしっかりと準備、それ以外にも口コミ情報、穴場、オススメ、攻略、お得で行く前にしっておきたい情報、混雑回避、トイレ、喫煙場所など便利情報をご案内したいと思います。

混雑していても納得できて楽しかった!と思うようなオススメ内容だと思いますので、ご活用いだだければと思います。

ふじさわ江の島花火大会

【開催日・時間】
開催日:2018年10月20日(土) 予測です確定次第修正
時 間:18:00~18:45

毎年10月下旬の土曜日に開催されています。

※雨天時:小雨決行、荒天の場合翌日に順延

【打上数】
約3,000発
3,000発をゆっくり1時間弱かけて上がります。

【打上げ場所】
江の島をバックに片瀬海岸西浜から打上げられます。

【花火種類】
音楽連動花火(スターマイン)
二尺玉
二尺玉は、その大きさに安心距離(保安距離)が必要なため、東京・神奈川県では貴重な花火(首都圏最大規模)となっております。

2尺の花火玉の大きさは約60cm、その花火玉が約500mまで上がり、空中で480mの大輪となり音とともに輝く姿は、他ではなかなか見るこができない貴重な体感です、インパクトと衝撃そして感動となること間違いない二尺玉花火です。

普通の花火玉は、3号から5号玉ですから、二尺玉ですと20号玉となります。
少し通常の花火玉と比較してみます。

花火玉玉の直径(cm)玉の重量(Kg)上がる高さ(m)開花時の直径(m)
3号玉8.50.212060
5号玉14.21.3190170
20号玉58.570.0500480

開花時の二尺玉は、5号玉に比べて約2.8倍の大きさで夜空を覆いつくします。
ケタが(規格外?)と思わせるような違いが理解できたと思います。

この大きさなら近くでもよいし、少し離れて観覧しても十分に楽しめる花火大会だと思います。

担当花火屋:長野県の伊那火工堀内煙火店
柳系と呼ばれる二尺玉が一般的ですが、制作が難しい変化菊や八方咲きといった創作系の2尺玉の打ち上げに成功している花火屋さんです。

今年は、どんな大輪の華が咲くのか楽しみの一つでもあります。


約20秒の二尺玉動画!イメージにどうでしょう。
【人出】
ふじさわ江の島花火大会
8万5,000人

【楽しみ方】
昼間は江ノ島や周辺観光し、夕方は海岸へ移動し場所取りし花火を楽しむ。
二尺玉の芸術作品を楽しむ。

【オススメの観覧スポット】
おすすめで評判のよいのは、やはり有料観覧席です。
花火と音楽が聞けて幻想的な雰囲気になれるようです。
そして仕上げは、二尺玉です。

無料エリアならなるべく有料エリアに近づくか、わりきって離れて見るか、花火は遮へいする建物がないため、江ノ島から海岸まで見れる穴場が多くあります。

有料観覧席

【観覧席エリア(招待席・有料席・無料)】

江ノ島打ち上げ花火場所
出典元:藤沢観光協会 PDF資料より 打上げ場所

有料観覧席は、緑色部分になります。
特別観覧招待席は、赤色部分です。
無料観覧エリアは、水色部分となります。

【有料観覧席 上記画像緑色部分】
有料観覧席から約500m先の海上で花火が打ち上がるのが見え、音楽と一緒に楽しめます。
販売箇所はこちら毎年9月1日8時30分から販売開始となるようです。

チケットぴあ
セブン-イレブン、サークルK・サンクス
ローチケHMVのサイト(PC/携帯)
ローソン、ミニストップ店舗Loppi
藤沢市観光シティプロモーション課
藤沢市観光センター

チケット詳細はこちら

有料観覧指定席(パイプイス):2,500円/人 全2,500席 開場16時から
完売率が高いようです。
4歳以上有料(3歳でも席が必要な場合は有料)
傘の使用も禁止(合羽)

藤沢江の島花火大会の割引き券やクーポン券は、残念ながらないようです。



混雑

【混雑状況】

当日17時ごろから小田急線「片瀬江ノ島駅」、江ノ電「江ノ島駅」は両駅とも混雑し始めます。
PASMO(パスモ)、Suica(スイカ)チャージが必要なのか、切符の方は帰りの分も購入しておくのがお勧めです。

江ノ島駅の改札が1箇所のため混雑します。
待ち合わせする場合はしっかり決めておいたほうが無難ですと口コミもあります。

15時頃に海の方へ向かうと、すでに場所取りがしてあり、ほとんどスペースがなく、きちんと座ってみようと思ったら相当早く行く必要がありそうですと口コミもあります。

花火後、江ノ島水族館から信号にわたるのに30分、そこから駅に着くまで40分、計70分と混雑ぶりの口コミ情報です、乗車するまでは覚悟が必要かもしれません。

混雑回避策は、会場付近の駅は花火終了後に大変混雑するので、藤沢駅まで歩いて行くという口コミもありますが片瀬江ノ島駅~藤沢駅まで約3.7Km、徒歩だと約50分かかります。
(下記に徒歩で移動地図あります)

メインの二尺玉が上がるまではどうしても皆さん帰宅へとは行かないはずなので、帰りは一斉になり駅で規制されます、歩いても大丈夫なようにスニーカーがオススメです。

車の場合、夕方行くと駐車場も見つからず、お昼ぐらいには駐車場を確保する必要があるようです。

車で行く場合、江の島方面は大混雑、近隣のパーキングもことごとく埋まっていて駐車場難民になってしまいましたと口コミもあります。

混雑するイメージがご理解できれば、早めに行動しなければという気持ちになると思います。

【電車別で混雑をどう回避したほうがよいのか】
・江ノ電「江ノ島駅」からJR藤沢方面へ帰る場合
花火時間:18:00~18:45(基本ベースにする)

江ノ電(江ノ島電鉄株式会社)の時刻表(藤沢行き)を見てみます。
6時~21時までの間は、1時間に5本ペースで運行しています。
所要時間:江ノ島~藤沢 10分
運賃:大人220円、子供110円
車両編成:4両編成で運行
仮に臨時列車が増えても4両編成なので、花火渋滞の解消には時間がかかるはずです。

・小田急線「片瀬江ノ島駅」からJR藤沢方面へ帰る場合
花火時間:18:00~18:45(基本ベースにする)

小田急江ノ島線(小田急電鉄株式会社)の時刻表(藤沢行き)を見てみます。
6時~21時までの間は、1時間に6本ペース(平日)、休日は更に増しで10本ペースで運行しています。
所要時間:片瀬江ノ島~藤沢 7分
運賃:大人160円、子供80円
車両編成:6両編成で運行
仮に臨時列車が増えた場合、江ノ電よりも1回の乗車人数2両多く、花火渋滞緩和に期待できそうです。

・湘南モノレール「湘南江の島駅」からJR大船駅へ帰る場合
花火時間:18:00~18:45(基本ベースにする)

湘南モノレール(湘南モノレール株式会社)の時刻表(大船行き)を見てみます。
7時~20時までの間は、1時間に8本ペース(平日・休日)運行しています。
所要時間:湘南江の島駅~大船 14分
運賃:大人310円、子供160円
車両編成:3両編成で運行
仮に臨時列車が増えた場合、1時間8本と比較的多いですが3両編成では花火渋滞の解消には時間がかかるはずです。

結果、花火二尺玉まで見た方(フィナーレ)までいた方は、「小田急線で片瀬江ノ島駅」を選び、藤沢駅方面へ移動するのが一番早く江ノ島エリアから離脱できるのではないでしょうか?

小田急江ノ島線の「片瀬江ノ島駅は始発」なので、一番乗車するのに効率がよいと思います。
2駅目の「鵠沼海岸駅」からの乗車は逆に避けたほうがよいと思います。
満員電車から降りる方は少なく、鵠沼海岸駅ホームも規制されているはずです。

乗車するのに時間はかかりますが、湘南モノレール、江ノ電、小田急線とこの中で移動がスムースで早いのは、小田急線で「片瀬江ノ島駅」から乗車することが正解のようです。

【売り切れ】
ふじさわ江ノ島花火大会は、とんでもない人数となりあたりの自動販売機は、全部売り切れになりますと口コミありますので飲み物購入の際はご注意ください。

【屋台】
小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」を中心に出ます。
B級グルメも出ていますが、飲食がメインで遊戯系は少ないようです。

【江ノ島駅周辺コンビニエンスストア】
屋台(露店)でも飲食するのはよいのですが、安く上げるならやはりコンビニがお得です。
江ノ島の島内にはコンビニがありませんのでご注意ください。

江ノ島駅と片瀬江ノ島駅周辺にはありますので、ふじさわ江の島花火の会場へ向かう際は、立ち寄り購入しておけばと思います。

コンビニエンスストアは江ノ島駅周辺一覧地図。(2018年5月現在)

【花火会場周辺のトイレ WC】
駅構内に多目的トイレはあります。
その他公衆便所、トイレは主に有料駐車場内、公園内にあります。
打上げ花火会場周辺には仮設トイレ10箇所以上設置されます。
10月は冷えるので、トイレのやや近くで見るのも一つの方法だと思います。

トイレマップ一覧はこちらです。

【喫煙場所】
喫煙(煙草)場所は、江ノ島内1つ、江ノ島弁天橋トイレ、新江ノ島水族館裏側に通常設置されています。
片瀬江ノ島駅に近くに2017年まではありましたが、現在は未確認です。
花火会場内でのタバコはもちろん禁煙です。

喫煙場所マップ一覧です。



穴場情報

【穴場】
・片瀬東浜海水浴場
住所:〒251-0000 神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目15
迫力ある花火が見れる場所です。

・県立湘南海岸公園
住所:〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目17-3
比較的空いてますが迫力は欠ける場所です。

・腰越漁協周辺
住所:〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越2丁目9-1
しっかりと見える場所です。

・湘南モールフィル藤沢店の屋上駐車場
住所:〒251-0042 神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目1-1
毎年屋上を無料開放している場所です。

・片瀬漁港周辺
住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市 片瀬海岸2丁目20-25
迫力ある場所です。

・新江ノ島水族館周辺
住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19-1
遅く行くと立ち見で見る可能性がある場所です。

・湘南港北緑地公園(旧オリンピック記念公園)
住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島1丁目1
少し遠く江ノ島島内なので比較的スペースある場所です。

・西浦海岸(漁港)
住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目2 藤沢市江の島2丁目-1-17
江の島の島内の方、地元の方々が集まる場所です。

ふじさわ江の島花火大会、穴場の一覧図です。

口コミ

【残念なところ 口コミより】
開催時間が45分と短く、打ち上げ数も少ないのが少々残念と口コミがあります。
混雑がひどい。

【すごい・感動・便利なところ 口コミより】
フィナーレの花火はびっくりするくらい迫力があり感動しましたと口コミあります。
夏風と違い秋風なので、爽やかな海風の中観覧できます。
空気の澄んだ秋の花火大会はとても美しかったです。
波の音と花火のコラボレーションは最高です。
目の前の空、全部、花火と感動の口コミもあります。
目玉は2尺玉!必見です。

混雑はしますが、小田急の片瀬江ノ島駅から至近のため、電車で行くにも便利です。
江ノ島からは広いので割とどこからでも見えますから便利です。

【服装・必要な持ち物】
10月の花火大会なので、海風と気温低下、動けない状態での開催待ち、寒かったという口コミがあります。
8月の花火違うので、防寒対策は必要です。
上着・スカーフ
ブランケット
ひざ掛け
カイロ
水筒(温かい飲み物)
懐中電灯
ティッシュペーパー
スニーカー(運動靴)

【気温変化】
ふじさわ江の島花火大会は10月の花火ですから気温変化が激しいはずです。
過去の気温から見てみます。
最高気温:約19.0℃
最低気温:約13.0℃

15℃を下回るようでしたら、上着を準備してください。
首元、手首、足首を保温するような服装がベストでオススメとなります。

1分5秒の動画です、最後に二尺玉が!フィナーレです。



アクセス

【徒歩】
行き方:会場までの行きは方は近い(徒歩2分)ので大丈夫だと思います。
帰り方:駅が大渋滞した場合、JR藤沢駅までの徒歩ルート掲げてみました。
距離:約3.7Km 徒歩:約50分
国道467号線を北方向へへ進めば藤沢駅方面となります。

片瀬江ノ島駅、江ノ島駅からJR藤沢駅までの徒歩で移動した場合の徒歩地図

【最寄駅:片瀬江ノ島駅】
小田急江ノ島線:片瀬江ノ島駅から徒歩2分

【電車 鉄道アクセス】
鉄道アクセス 藤沢駅 江ノ島駅
出典元:藤沢市観光課ホームページより

小田急線(特急ロマンスカー):新宿駅~片瀬江ノ島駅(約63分)
小田急線(快速急行):新宿駅~藤沢駅(約55分)乗り換え

JR東海道線:東京駅~藤沢駅(約48分)乗り換え
JR湘南新宿ライン:新宿駅~藤沢駅(約53分)乗り換え
JR上野東京ライン:東京駅~藤沢駅(約48分)乗り換え

湘南モノレール:大船駅~湘南江の島駅(約14分)
江ノ電:藤沢駅~江ノ島駅(約10分)
小田急線:藤沢駅~片瀬江ノ島駅(約7分)

時刻表 「えきから時刻表」 こちら

【タクシー・ハイヤー】
江ノ島タクシー
電話:0120-07-1874 0466-22-2191
湘南タクシー
電話:0120-01-8801 0466-26-1221

【車】
※会場周辺の交通規制:あり(一部会場付近の住宅街が通行止)
公式ホームページで確認する必要があります。

ふじさわ江の島花火大会 公式ホームページ こちら

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)八王子JCT→茅ヶ崎海岸IC→国道134号を江の島方面

東名高速道路(第一東海自動車道)「厚木IC」より国道129号を平塚方面→国道134号線を江の島方面

横浜新道より国道1号線を江の島・藤沢方面へ

【駐車場】

江ノ島大橋が混雑しているのかライブカメラで見ることができます。
こちらを参考にすると、江ノ島島内に駐車できるのかイメージができ攻略できると思います。

USTREAM ライブカメラ こちら

更に駐車場が満車なのか時差ありますが空車情報(江ノ島島内・片瀬海岸周辺駐車場)を確認がとれ攻略できます。

空車情報 江ノ島内 片瀬海岸周辺 こちら
パーキングインフォメーション部分を参考にしてください。

江ノ島周辺の有料駐車場
出典元:藤沢市観光課ホームページより
画像番号と地図番号①~⑧は一致しております
・江ノ島の島内にある有料駐車場

地図駐車場名時間料金収容台数
観光協会
江の島駐車場
0466-26-2711
24時間普通車:400円/h78台
江の島
なぎさ駐車場
0466-29-6574
7・8月
6:00~21:00
0
1~6月
9~12月
7:30~21:00
21時以降閉鎖
7・8月
820円/2h 以降30分210円
当日最大:2,060円
0
以外の月
620円/2h 以降30分150円
当日最大:1,540円
普通車のみ
327台
江の島
かもめ駐車場
0466-55-2543
5:00~21:30
21:30閉鎖
7・8月
820/2h 以降30分280円
当日最大:2,060円
0
以外の月
620円/2h 以降30分200円
当日最大1,540円
503台

・片瀬海岸周辺の有料駐車場

地図駐車場名時間料金収容台数
藤沢市
片瀬東浜駐車場
0466-55-6514
24時間普通車:400円/1h
5時間以上12時間まで2,000円
以降1時間400円
45台
江ノ電
駐車センター
0466-23-2441
4時~23時7・8月
普通車250円/30分

0

0

1~6月 9~12月
普通車200円/30分

200台
片瀬海岸
地下駐車場
0466-24-0425
7.8月
7時~21時

0
0
1~6月
9~12月
平日
9時~18時
土日祝
7時~19時

7・8月
250円/30分
当日最大上限なし

0

0

1~6月 9~12月
210円/30分
当日最大:1,580円

200台
中部駐車場
0466-35-0036
7・8月
6時~20時0
0

0

1~6月
9~12月
9時~17時30分
土日祝日時間延長あり

7・8月
普通車:260円/30分
当日最大
平日:3,000円
土日祝と8/13~16は
当日最大上限なし

0

0
1~6月・9月~12月
普通車:210円/30分
当日最大
平日:1,650円
土日祝:2,060円

356台
西武駐車場
0466-35-0031
7・8月
6時~20時00

0

0
1~6月
10~12月
8時30分~17時

0

0
9月
8時30分~18時30分
土日祝日時間延長あり

7・8月
普通車:260円/30分
平日当日最大:3,000円
土日祝と8/13~16は
当日最大上限なし

0

0

1月~6月・9月~12月
普通車:210円/30分
当日最大
平日:1,300円
土日祝:1,540円

350台

 

7~9月
715台

注意:料金や時間など詳細は、変更もあるので現地で再度確認願います。

【バス】
・江ノ電バス(江ノ島電鉄株式会社)
電話:0466-55-1001
路線バス:1時間に2本程度
藤沢駅南口:3番のりば / 藤沢駅~江ノ島 / 江ノ島行き

「江ノ島駅」停留所で下車すると徒歩での移動が長い
運賃:250円/IC運賃:247円 通常9分 9駅目

「江ノ島海岸」停留所で下車すると会場まで近い
運賃:250円/IC運賃:247円 通常12分 12駅目

藤沢駅 バス乗り場 こちら

江ノ電バス 藤沢駅~江ノ島 時刻表はこちら

おわりに
ふじさわ江の島花火大会の行く前の準備情報としていかがでしたでしょうか?
気になる二尺玉だと思いますし混雑も気になります。

帰りは徒歩で藤沢駅へ向かうのが必要かもしれません、攻略方法は国道沿い(467号線)に歩きながら、もし道路が空いていたら「江ノ電バスを利用する」のもオススメ会場離脱方法だと思います。

江ノ電バスも国道467号線を走りますので、歩いて疲れた場合はバス利用もよいのかもしれません。
ふじさわ江の島の花火大会「二尺玉」是非、見て感じて感動してください。

冬到来前の花火は、空気が澄んでおり夏とは違う別物ですから、楽しんでください。




その他 花火関連記事

2018年春夏秋冬の花火!「熱海海上花火大会」の魅力や見どころ!見方は3種類です!夏の有料観覧席「前売券」購入方法やトイレ・喫煙場所!おすすめホテルと宿や旅館!おみやげ

鎌倉花火大会2018年!行く前に知っておきたい混雑回避方法!口コミや水中花火・おすすめ最新情報!

横浜スパークリングトワイライト花火大会2018年!海上花火に行く前に知っておきたい!混雑・おすすめ・寝転がって見れる花火情報!

第37回横浜開港祭花火大会2018年・駅から会場までの行き方と混雑回避の帰り方!駐車場やエリア情報!

2018年あつぎ鮎まつり大花火大会の混雑を事前に理解!有料チケット・口コミや穴場・屋台・喫煙・トイレ情報

2018年相模原納涼花火大会!体験したことがない大迫力の有料観覧席を体験してみては?混雑や口コミなど情報満載!

2018年海老名市民まつり花火大会の便利情報!1日限りのテーマパークは子ども・家族・お年寄りまで楽しめるイベント!真夏に天然雪20トンで遊べる!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 移動式オービス取締現場 岐阜県

    2018-10-11

    【岐阜県】移動式オービスレーダー探知機の最新式兵器の取締現場はこちら!

    2019年3月5日更新しました。 神出鬼没の移動式オービス、岐阜県の取り締まり現場だと思います…
  2. 福士蒼汰

    2017-10-3

    福士蒼汰さん プロフィールと経歴 映画「BLEACH」で悪霊と戦うぞ2018年に公開予定

    作者、久保帯人さんによる日本の漫画作品(掲載誌:週刊少年ジャンプ)「BLEACH」ブリーチが実写映画…
  3. 火

    2017-10-23

    火の大切さを知っておく

    赤く燃える炎、火により食べ物を食することができ、火の使用は大昔から使われてきました。 火の大切…
スポンサーリンク
ページ上部へ戻る