2018年箱根駅伝の優勝校予測 気になる選手と応援グッズ平塚中継所 往路4区と復路7区では走る場所が違うので応援注意

箱根駅伝平塚中継所
スポンサーリンク

お正月番組の看板、箱根駅伝ですが、毎年現場に行き白熱して応援しております。

平塚中継所付近でいつも観戦しているのですが、応援グッズが欲しくなり、調べていたらなんと往路と復路のコースが違っていたのです。(ごく最近判明しました)

ご存知のない方、来年初めて現地に応援しに行くなら、平塚中継所を往路4区、復路7区を調べて見ましたので参考にしてみてください。

あと、勝手ながら優勝校予測、気になる選手も掲げてみました。

開催日:2018年1月(火)2日3日(水)日本テレビ、朝7時より、7時50分生中継放送(朝8時スタート)

箱根駅伝

【大会名:東京箱根間往復大学駅伝競走】

▼出場チームの概要

・前年度行われた箱根駅伝、10位以内に入ったシード大学(10校)。
・毎年10月に行われる予選会を通過した(10校)。
・関東学生連合チーム(1校)
以上の21チームで争われます。
関東学生連合チーム:予選会に出場し出場権を得られなかった大学の中より選抜されます。
各大学より選手1名、留学生、予選会に出場していない選手は除外、この関東学生連合チームは順位はつかない。(オープン参加のため)

▼走行コース

往路:東京大手町~芦ノ湖、107.5KM。(5名)大手町~鶴見~戸塚~平塚~小田原~芦ノ湖。

復路:芦ノ湖~東京大手町、109.6KM。(5名)芦ノ湖~小田原~平塚~戸塚~鶴見~大手町。

総距離:217.1KMを争うコース。

往路4区:20.9KMに対し、復路7区:21.3KMです。

第93回(2017年)より、(2006年~2016年)12大会ぶりに4区と5区の距離が変更されたようです。
4区:18.5KM→20.9KM(2.4KM増える)。
5区:23.2KM→20.8KM(2.4KM減る)。

▼1区から10区までの走る距離。

1区:21.3KM(往路)10区:23.0KM(復路)。(距離が違う)
2区:23.1KM(往路)_9区:23.1KM(復路)。
3区:21.4KM(往路)_8区:21.4KM(復路)。
4区:20.9KM(往路)_7区:21.3KM(復路)。(距離が違う)
5区:20.8KM(往路)_6区:20.8KM(復路)。
やはり、1区と10区、4区と7区の往路距離は違っていました。

▼4区と5区の距離変更理由(2017年から)

・山登りの第5区の選手に対する生理学的負担が大きいこと。
・走行後半には低体温症や血糖の症状に陥る例が多数発生していること。
・総合成績に対する第5区の貢献度が大きすぎること。
・第82回(2006年)大会以降第4区の距離を短くしたことで マラソンに順応できる選手の芽を摘み取っている懸念など検討結果によるものとして変更がされた。

▼4区の距離が延長されたことによる試練

以前は、小田原中継所のメガネスーパー前の標高は約10m、距離にして2.4KMを延長したしことにより、標高は約24.0m上回り、ダラダラした上り坂に苦しめられ、しかも箱根山から吹き付ける向かい風が、選手として最後の試練になりそうです。

▼標高から見た高低差(往路・復路同じとする)

・1区 大手町  ・標高0-1.3m、2区 鶴見中継所・001.6m。(高低差: 0.3m)
・2区鶴見中経所 ・標高-01.6m、3区 戸塚中継所・052.3m。(高低差:050.7m)
・3区戸塚中継所 ・標高52.3m、4区 平塚中継所・001.3m。(高低差:051.0m)
・4区平塚中継所 ・標高-01.3m、5区小田原中継所・115.3m。(高低差:114.0m
・5区小田原中継所・標高115.3m、芦ノ湖ゴール ・727.9m。(高低差:612.6m
4区は上りで114.0mもの高低差を走るのは、2番目の高低差がある試練コースと思います。
それとは逆に7区では、下りとなるためスピードがのる距離なのでしょう。

▼4区と7区の走るイメージ

4区

①、平塚中継所 (唐ヶ原信号機前)
平塚中継所4区→5区

①、4区→5区:平塚中継所イメージ動画(32秒)

②、4区:5KM付近(北海道ラーメン壱龍)
4区:5KM付近

③、4区:10KM付近(浅間神社入口信号機付近)
箱根駅伝4区:10KM付近

④、4区:15KM付近(保健センター入口信号付近)
箱根駅伝4区:15KM付近

⑤、小田原中継所(鈴廣前)
箱根駅伝:小田原中継所4区→5区

⑤、4区→5区:小田原中継所イメージ動画(22秒)

 

7区

①、7区:小田原中継所(鈴廣前)
箱根駅伝:小田原中継所:7区

①、6区→7区:小田原中継所イメージ動画(22秒)

②、7区:5KM付近(常剣寺入口信号付近)
箱根駅伝7区:5KM付近

③、7区10KM付近(常念寺入口信号付近)
箱根駅伝7区:10KM付近

④、7区:15KM付近(左側に赤い屋根付近)
箱根駅伝7区:15KM付近

⑤、平塚中継所(7区→8区へ)
箱根駅伝7区:平塚中継所

⑤、7区→8区:平塚中継所イメージ動画(28秒)

4区は平塚中継所通過後直進して海沿いのコースを通るに対し、7区は大磯駅入口交差点通過後に陸寄りのコースを通るため、4区往路よりも若干距離が長くなっています。

こちらの地図で、往路と復路で走る場所が違うポイント、及び5KM、10KM、15KMポイント箇所を載せています。

▼4区・7区の見どころ

4区:橋が10橋あり、序盤の平塚中継所から国府津駅の間にはアップダウン、15KM走ると、酒匂川があり勝負のポイントと言われています、箱根の山から冷たい風が吹き付け、 選手の体温を奪い、そして最後にダラダラと上る、また後続を引き離すチャンスもある区間。

4区の区間記録:第93回(2017年)1時間03分36秒。(順天堂大学3年:栃木渡さん)

7区:10区間の中では一番温度差が激しい区間と言われてます、箱根山の吹き下ろす追い風、下りにのれるのか、体感温度や気温変化、自然との戦いの区間。

7区の区間記録:第88回(2012年)1時間02分32秒。(東洋大学2年:設楽愁太さん)

▼気になる選手や優勝校を予想

2017年も青山学院大学が優勝【第91回(平成27)~93回(平成29)】し現在3連覇中、ですが、第29回2017年10月9日に行われた出雲駅伝(全日本大学選抜駅伝競走)優勝校は東海大学で、青山学院大学は3位でした。

また、2017年10月14日に行われた【箱根駅伝2018予選会】では、上位10位までが出場ができるので10位以内に入ろうと49校の大学によって争われました。
4連覇するのか、それとも打倒青山学院大学として名のりをあげる大学が現れるのか、今年も誰もが注目することになるはずです。

過去に3連覇以上の大学を掲げて見ますと、6校となり青山学院大学は、注目されるわけです。
1、6連覇:中央大学  【1959年(昭和34)~1964年(昭和39)】。
2、5連覇:日本体育大学【1969年(昭和44)~1973年(昭和48)】。
3、4連覇:日本大学  【1935年(昭和10)~1938年(昭和13)】。
4、4連覇:順天堂大学 【1986年(昭和61)~1989年(昭和64)】。
5、4連覇:駒澤大学  【2002年(平成14)~2005年(平成17)】。
6、3連覇:青山学院大学【2015年(平成27)~2017年(平成29)】。(4連覇挑戦)

この20校の中に2018年の優勝校が決まります。

前年度大会の上位10校  予選会上位10校
01、青山学院大学    1、帝京大学
02、東洋大学      2、大東文化大学
03、早稲田大学     3、中央大学
04、順天堂大学     4、山梨学院大
05、神奈川大学     5、拓殖大学
06、中央学院大学    6、国学院大学
07、日本体育大学    7、国士舘大
08、法政大学      8、城西大学
09、駒澤大学      9、上武大学
.10、東海大学      10、東京国際大

・関東学生連合チーム(順位つかない)

過去3年分の往路優勝、復路優勝、総合優勝は、すべて青山学院大学です。(スゴスギる絶対王者)

青山学院大学が優勢、そして出雲駅伝優勝校の東海大学(出雲駅伝では青山学院大学の3連覇を阻止した)が有力と予想します。

【距離別持ちタイムを比較】
東海大学:1位、2位、1位。青山学院大学は、2位、1位、2位となっており、東海大学が優勢です。

【気なる選手】
青山学院大学4年:下田裕太さん。(東京マラソン10代日本人の最速記録者)
東海大学  2年:鬼塚翔太さん。(U20世界選手権日本代表)
東洋大学  3年:山本修二さん。(トップクラスの実力)
駒澤大学  4年:工藤有生さん。(日本学生ハーフマラソン2位の実力)

10人がベストを尽くし初めて優勝へ導かれるはずなので、気になる選手の実力はどこまでタイムを短く刻むのでしょう、何区を走るのか注目してもよいと思います。

結果、青山学院大学(実力)と東海大学(若手)の一騎打ちと予測します。

▼特設売店

Tシャツ、タオルなど駅伝グッズが購入できる場所。(中継所に売られてます)

戸塚中継所特設売店:1月2日場所:東京ガス前、1月3日ボルボ・カーズ前。

平塚中継所特設売店:1月2日3日:ファミリーマート花水レストハウス前。(再調査必要な箇所)

・小田原中継所特設売店:1月2日のみ:こちらも再調査必要。

・芦ノ湖中継所特設売店:1月2日のみ:箱根駅伝ミュージアム。0460-83-7511

・大手町特設売店:1月3日のみ:産経新聞社横、通信総合博物館の道路向かい側。

【その他販売店】

・東京駅近くの「ミズノ八重洲店」。

・ミズノ公式オンラインショップ(箱根駅伝オフィシャルグッズページ)
(2017年11月16日より受付開始されます)
→ミズノオンラインショップ

・東京駅内の日テレ屋ショップ。

・小田急小田原線、小田原駅(改札外正面)。

・JR線、横浜駅、大磯駅、秋葉原駅(1/3のみ)。

・横浜市中央郵便局。

・JR線、東京駅、品川駅、大森駅(こちらは、変更になるかもしれない)。

▼おわりに

正月の醍醐味である箱根駅伝、毎年楽しみにしております。

今回からは、グッズを購入し応援しようと思っております。

どのような展開になるのか、毎年楽しみですが、走る方にとっては、終わらなければ正月が来ていない気分でしょう、でもしっかり応援しますので、各選手、調整、目標に向かい華やかな舞台になるよう待ち望んでます。

下記に箱根駅伝関連記事がありますので、よければご参照ください。



その他 観光 生活 健康関連

→青山学院大学陸上競技部!2018年2月4日(日)は第40回神奈川マラソンに出場します!選手は箱根駅伝エントリーに向けて快走するはずその理由は?

→箱根の黒卵 観光前に知っておく 耳寄り情報!(駐車場・喫煙)

→箱根駅伝グッズを購入しました 電話連絡しセブンイレブンで先払い購入方法 クレジットカードもいらないので超簡単です

→箱根駅伝全国大会 全国化での賛否両論 創立100年記念は2020年 第100回箱根駅伝は2024年全国化

→2018年箱根駅伝再予想 強豪6校を予測するリベンジ区間・卒業された区間はどう攻めるのか

→2018年箱根駅伝 出雲駅伝 全日本大学駅伝 三大駅伝を知れば箱根駅伝がますます楽しめます

→防災用品の水を活用するため条件付き一つの手段

→日本に来ている危険生物はこちらです

→火の大切さを知っておく

→水の必要性「なぜ生きてゆけないのか?」脱水症予防と水中毒に気をつけたい

→ノロウイルス予防法 冬にピーク注意すべきこと二次感染予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 11月 02日
  2. 2017年 11月 06日
  3. 2017年 11月 12日
  4. 2017年 11月 20日
  5. 2017年 11月 21日
  6. 2017年 11月 24日
  7. 2018年 1月 06日
  8. 2018年 1月 10日
  9. 2018年 1月 11日
  10. 2018年 1月 23日

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. #7119 #8000

    2017-12-2

    小児救急電話相談「#8000」は全国展開してるのに 15才以上で大人や高齢者の救急電話相談「#7119」はまだ一部だけ 救急車を呼ぶ前の医療相談窓口なので普及されるのを期待

    救急車を呼ぶべきか?誰でも判断に迷うことがあると思います。 15才以上向けの救急相談センターは、専…
  2. 2018-2-15

    民泊が2018年6月15日より解禁!日本人が注意しておくべきこと問題点はあるのか?

    2018年6月15日に「住宅宿泊事業法」が施行され、一般の住宅地でも条件付が整えば民泊が解禁されます…
  3. 2018-6-15

    ズーラシア渋滞道路回避!路線バスで行く裏技おすすめ情報!

    ズーラシアに行く場合、自家用車かバスを利用して行くことを考えると思います。 渋滞すると評判の道路は…
スポンサーリンク
ページ上部へ戻る